2014年3月

平成26年度健康診断受診料のお知らせ

2014-03-27
カテゴリー: 会員の皆様へ

皆さま、春の日差しが心地よくなり、新年度を迎えご多忙の時期とは存じますが、
季節の変わり目は体調管理に気を付けなければなりません。
さて、平成26年4月1日より健康診断受診料が下表のとおり変更となります。
健康診断の受診を予定されている方は、是非ご確認いただきますようお願い申し
上げます。

メニュー

改正前

改正後

法定検診A

2,200円

2,380円

法定検診B

6,500円

7,020円

雇入時検診C

6,500円

7,020円

成人病検診

11,500円

12,420円

食品営業取扱者検査

1,300円

1,400円

脳ドックA

9,500円

10,260円

※詳細につきましては こちらをクリック
https://www.ishikari-cci.or.jp/member/298.html

お問い合わせ

石狩商工会議所
〒061-3216
北海道石狩市花川北6条1丁目5番地
TEL: (0133)72-2111
FAX: (0133)72-2577

巷で開催される新入社員向け研修にリクエストしたいこと。

2014-03-05
カテゴリー: 会議所ブログ

 早いもので、年が開けてからあっという間に2ヶ月が経ちました。企業によっては年度末を迎え、かなり慌ただしい雰囲気になっているのではないでしょうか。当所も次年度予算の策定作業が大詰めで、今月末の予算総会に向け猫の手も借りたい、といったところです。
 さて、当所も含め、中小規模の企業・団体の総務部門にとっては、何も予算・決算だけが悩みの種ではありません。年度の開始期に併せ人材を採用しているところも多いと思いますが、その新人教育はなかなかに厄介なものがあります。当所もこの4月から新人を入れる予定となっておりますが、今のところその教育方針については全くのノープランです。何しろ、そんなにしょっちゅう人を雇うわけでもないので、決まったカリキュラムなどあろうはずもなく、OJTといえば聞こえは良いのですが、このままほっとけば、いわば一子相伝、師匠と弟子の世界が繰り広げられることとなります。
 通常、OJTは実務を学ぶために行われるのが一般的です。しかしながら、我々のような中小零細企業では、とかくビジネスマナーやら一般常識の類も、このOJTでやっつけようとする傾向にあります。大抵の場合、指導役に就くのは管理職でもない先輩社員となるわけですが、新人君の仕上がり具合が、この先輩の技量一点にかかってくるのは甚だ不安ではあります。実務はともかく、マナーやら言葉遣いなどは、意外と我流と言いますか、必ずしも教科書通りでない人が、割といい年齢の人でも結構いますから。そんなわけで、指導役の人選には慎重になったほうが無難ですし、可能であればプロにお願いするのが、やはりベストです。
 幸い、といいますか当たり前ですが、世の中には新入社員向けのセミナーが星の数ほど開催されており、期間も2~3日の短いものから、1ヶ月くらいの長期研修までよりどりみどりです。さすがに1ヶ月は長すぎかと思い、試しに2~3日のコースをネットで検索して、そのカリキュラムを調べてみました。ビジネススクールやら経営コンサルタント会社主催のものをいくつか見てみましたが、内容は以下のとおり、ほとんど同じです。

1)社会人としての心構え
2)自己表現としての挨拶
3)正しい敬語の使い方
4)訪問時、来客時の接遇
5)冠婚葬祭時のマナー
6)効率的な仕事の進め方(報連相)
7)ビジネス文書の基本
8)社内でのコミュニケーション
9)電話対応
10)仕事に対する姿勢

 ご覧のとおり、社会経験が全くない、あるいは乏しい人には的を射たカリキュラムになっています。なっていますが、個人的には1点だけ追加していただきたい項目があります。上記に習ってカリキュラム名を付けるとすれば、

11)スケジュールとタスクの管理  とでもしましょうか。

 要は、自分が業務を遂行する上で従わなければならないスケジュールや、やらなければならない事柄に関する管理手法を学んだほうが良いのでは、ということです。
 これについては、ネット上で様々な手法が披露されていますし、書店に行けば、それだけで1コーナーができるほどの盛況ぶりです。ということは、逆に言えば悩んでいる、あるいは試行錯誤している人が大勢いるということではないでしょうか。ある程度経験を積んだ社会人でも、関連したハウツー本を買ったり、「~手帳術」にハマって実践してみた、なんて話をよく聞きます。
 実際、全くの新人に異なる納期の複数の仕事を任せると、かなりの確率で、その時最優先で実行すべき事柄と、遂行すべきタイミングのミスマッチを起こします。自分がどの程度の時間でその業務を遂行できるか、という見積が未だできないというのもありますが、結局は納期に間に合わなかったり、間に合ってもミスが多発したり、といった事態に陥りがちです。
 大抵の社会人は、こうした問題点に自ら気付き、改善点を探っていくものと思われますが、折角新人教育をやるのですから、先々本人が悩むであろうこの問題について、ついでにカリキュラムに組み込んでやったほうが、新人が一皮剝ける時期が早まり、最終的には企業の利益になるのではないか、と思う次第です。

第136回日本商工会議所簿記検定試験の結果について

2014-03-03
カテゴリー: お知らせ

平成26年2月23日(日)に実施した、第136回日本商工会議所簿記検定試験の結果(石狩商工会議所における受験者分のみ)は以下のとおりです。

■合格者

・2級  1360202 、1360206

・3級  1360303 、1360304 、1360305

※発表は受験番号のみです。

このページのトップへ

〒061-3216 北海道石狩市花川北6条1丁目5番地

ご相談はお気軽に

メールでのお問い合わせ

Copyright© 2013 Ishikari CCI. All Rights Reserved.